2020年04月05日

週刊!ヨーロッパ2 #334

ヨーロッパ企画のWEBラジオ!
隔週土曜日正午に更新。
ポッドキャスト、YouTubeに登録して聴いてください。


4月5日の夜19時から急遽収録いたしました。
土佐後藤に加えまして役者メンバー全員+理子ちゃん上田さんにも加わっていただいて収録しました。
少し聴き取りづらいところもありますが(申し訳ございません)聴いていただければと思います。

YouTube版はコチラ→https://youtu.be/TFbzz9zPAUY

ひさしぶりにみんなとお話しできて嬉しかったです。
不安な日々が続きますが、少しでも楽しんでいただけたらと思います。

また更新させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
posted by 週刊!ヨーロッパ2 at 20:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなご時世ですが、メンバー全員集合嬉しかったです。
Posted by あきこ at 2020年04月06日 19:39
大変なことになっていますね。
東京在中なので粛々と引きこもっています。
仕事は在宅勤務になったので、週ヨロ聴きながら仕事させてもらってます。

みなさんもお体に気をつけてください。
Posted by ケスイタノシコ at 2020年04月08日 12:23
とても楽しい配信ありがとうございました。
次々と舞台公演やイベント等が中止になって気落ちしていたので、気持ちも晴れました!

保育士もついに在宅勤務OKとなり、自宅で書類とか製作準備とか家で出来ることをやることになりました。
なかなか全員が自粛とはいかず、登園する子どもがいる以上、開園するのですが、自分の子どもが罹患してもいいのかな?という疑問もあります。
そんなに仕事が大事なのかなぁ.......と。
子どもの命と天秤にかけたら休むのが1番だと思うのですが、こういう発言は保育士としていけないことなのか.......色々悩みます。
とは言え、保育士は子どもの命を守ることも業務の1つなので、最前の利益を提供する立場として、保護者の皆様にも自分の子どもの命をどう考えてるのか聞いてみたいですよね。
私たちも自分の命が大事です。
感染しないように最大限気をつけていますが、このご時世どうなるかわかりません。
それでもし、登園してきた子どもに感染させてしまって最悪の事態になった時、私たちはどうすればいいのでしょうか。
難しい問題ではありますが、とりあえず希望された方のために毎日開園しています。
何か重い話ですみません。

出勤も交代制で、家にいることが増えたので、書類等やりながら、適宜休憩したり、どうぶつの森やったり、マスクを手縫いしたりして過ごしています。

皆様もコロナ禍の中大変でしょうが、お身体ご自愛下さいませ。
次の更新も楽しみにしています。
Posted by えりりん at 2020年04月11日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: